諸戸 詩乃
Shino Moroto
Piano

 10歳のときウィーンへ移住。ウィーン国立音大ピアノ準備科を経て、15歳でウィーン国立音大ピアノ演奏科に入学。エリザベート・ドヴォラック=ヴァイスハール、故ハンス・ライグラフに師事した。また、マスタークラス等においてフィリップ・アントルモン、遠山慶子にも教えを受けた。在学中、音楽の本質を追求する強い姿勢を持ち、ダルクローズ・メソッドによるリズム理論及び内的聴取の実践法を、国際リトミック指導者連盟会長のポール・ヒルに学ぶ。また、自由即興学を、ブルクハード・スタングルに、様式即興学を、ミヒャエル・マイクスナーに師事した。さらに、音楽と身体の密接な関係にも注目し、アレクサンダーテクニークの習得に勤しんだ。2018年3月同大学院を卒業し、現在、歴史的演奏法研究科にてさらなる研鑽を積んでいる。
 渡欧当初より、研鑽を積みながら演奏活動を重ねており、オーストリアでは、ウィーン・フィガロザールでのソロ・リサイタルを皮切りに、ベーゼンドルファー社、シューベルト連盟主催のコンサートなどに多数出演した。またイタリアにおいても、ボローニャ歌劇場管弦楽団首席メンバーらと度々共演し好評を博した。2013年にはアメリカで行われたインターナショナルピアノフェスティバルに参加し、巨匠アントルモンの指揮でフェスティバル・オーケストラと共演し高い評価を得た。日墺国交150周年(2019)には、ウィーナー・ノイシュタットにて、記念コンサートに出演するなど、現在も精力的な活動を行っている。
 日本では、2005年放送のNHK番組スーパーピアノレッスン・モーツァルト編に出演し、講師のアントルモンから「質の高い演奏」との評価を得るとともに、シリーズ最年少の生徒として一躍脚光を浴びた。とりわけ、若くして音楽の都に身を置き、そこで培った感性から紡ぎ出される純度の高い衒いのないモーツァルトは、日本の多くの音楽関係者を魅了した。東京・紀尾井ホールで行われたロイヤルチェンバーオーケストラ第64回定期演奏会では、楽団の音楽監督であり、指揮者であった故堤俊作によって、ソリストとして抜擢され、ジュニアのレベルを超えた音楽的完成度を高く評価された。その他、浜離宮朝日ホール、名古屋電気文化会館ザ・コンサートホール、愛知県芸術劇場コンサートホール等に出演し、いずれも好評を博した。2018年9月には、名古屋電気文化会館ザ・コンサートホール リニューアルコンサートに、地元名古屋出身のピアニストとして唯一参加し、「高い技法と表現」との評価を得た。
 これまでに、カメラータ・トウキョウから『モーツァルト:ピアノ・ソナタ集』『シューベルト:即興曲集 作品90&楽興の時 作品94』『モーツァルト:変奏曲集?トルコ行進曲付き』(月刊『レコード芸術』音楽の友社 準特選盤)の3枚のアルバムをリリースしている。

PAGE TOP

諸戸 詩乃