オリヴァー・シュニーダー・トリオ
OLIVER SCHNYDER TRIO
Ensemble/スイス

 スイスの実力派シュニーダーと、チューリッヒ・トーンハレ管の首席奏者のアンドレアス・ヤンケ、ベンヤミン・ニッフェネガーによって結成された気鋭のトリオ、オリヴァー・シュニーダー・トリオ。
シュニーダーはルース・ラレードやレオン・フライシャーに師事、多くのコンクールでも上位入賞を果たしている。ソリストとしてだけでなく、室内楽や伴奏ピアニストとしても多くのアンサンブルを持ち活躍している、第一線のピアニスト。ヤンケは、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団のコンサートマスター、ニッフェネガーは同楽団首席チェリストを務めている。
このトリオは2012年2月4日にデビューし、世界中から大絶賛を受けている。
彼らの最新の録音であるベートーヴェンのピアノ三重奏曲全集では、若きベートーヴェンの最前線の改革を発掘すべく熱血さを前面にだした、最も新しいアンサンブルの極みを聴かせている。

PAGE TOP

オリヴァー・シュニーダー・トリオ