ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団
Mozarteum Orchestra Salzburg
Orchestra

1841年、モーツァルトの寡婦コンスタンツェの援助のもと、ザルツブルクの地元住民により“ザルツブルク大聖堂音楽協会及びモーツァルト音楽院(モーツァルテウム)”として創設される。その後1908年、楽団名は現在の名称である”モーツァルテウム管弦楽団“と改名、1958年以降はザルツブルク市より経済援助を受け活動を行っている。
歴代指揮者にはパウムガルトナー(1917-38)をはじめ、メルツェンドルファー、ハーガー、グラーフ等がいる。また、ザルツブルク市出身のカラヤンとも密接な関係にあった。
現在の首席指揮者はアイヴォー・ボルトン。
モーツァルテウム管は、ザルツブルク音楽祭祝祭大劇場とモーツァルテウム音楽院の大ホールで定期公演を行っているほか、海外公演や国際音楽祭出演、CD録音を精力的に行っている。また、毎年行われるザルツブルク音楽祭のレギュラー・メンバーとしてモーツァルテウム・マチネを行い、1月のモーツァルト週間にも出演している。さらにオペラ、オペレッタ、ミュージカル、バレエ公演もこなし、国際モーツァルト財団主催のコンサートでは現代作品の演奏を行っている。

PAGE TOP